もっとも、海外においては、日本円を使用することができません

そのため、現金払いを行う場合には、日本円を外国の紙幣に対して為替を行う必要があります。そして、特に発展途上国においては、政変や経済政策の変更によって自国の通貨をその国家において使用することができないという場合が存在します。そのため、このような場合には、日本円を返還した場合でも現金を使用することができなくなってしまいます。また、海外においては、日本のような治安状況にない場合が多く、現金を所持している場合には、東南東がなされる危険性が存在します。これに対して、クレジットカードを使用する場合には、現金払いのように為替手続きを行う必要がありません。また、現金を所持する必要がないことから、盗難をされる危険性が存在しません。また、その通貨の選択については発行会社が行うことから、為替やその国家についての知識がなくとも、安心して取引を行うことができます。さらに、海外においては、日本に比べてクレジットカードの利用率が非常に高いことから、カードを使用することができない店舗が非常に少ないということができ、カードを所持ているだけで、ほとんどの取引を行うことができるようになります。そのため、海外利用についてメリットが存在します。

none